【新宿校での事前学習+フィリピン留学】 12週間でTOEIC540点から720点までアップさせた、大学生のYukiさん。英語力向上の秘密は「音読学習」にありました

名前:Yukiさん
年齢/職業:20代/大学生
留学期間:13週間
開始時の英語力:TOEIC540点(L:300,R:240)→帰国後次の日に受験したTOEIC720点(L:365,R:355)
受講プラン:高校英文法プラン

この記事の目次
  1. 「英語力=将来の柔軟な進路選択を実現するためのツール」と考え、フィリピン留学を決意
  2. 大学4年間でのTOEICの伸びは、たったの10点。独学はやめて「サウスピーク新宿への通学」をすることに
  3. 「LINEサポート」でサウスピーク新宿校に通学中は、1日も欠かさず学習を継続!
  4. 音読学習でリスニング能力の向上を実感!聞き取りが単語単位から文単位へ

「英語力=将来の柔軟な進路選択を実現するためのツール」と考え、フィリピン留学を決意

ーまずは留学動機から教えてください。

「大学院受験資格を得るために、TOEICの点数をあげたい」というのが1番最初の動機でした。

現在私は法学部の4年生で、まもなく大学を卒業し、大学院に進学しようとしています。

留学を考え始めたのは、第1志望の大学院の合格発表待ちの時でした。

ーその第1志望の大学院の受験資格を得るために、TOEICの点数が必要だったのでしょうか。

いえ、その大学院の受験には、TOEICでの点数の獲得は必要ありませんでした。

でも、その第1志望の大学院の入試に落ちてしまった時に、その大学院よりもさらにレベルの高い国立大学院を受験しようと考えていたんです。

その国立大学院を受験するにあたって「TOEIC700点」という足切りがあったんです。

当時、私のTOEICの点数は540点だったので、フィリピン留学で一気にTOEICの点数を伸ばそうと思いました。

ー第1志望の大学院の入試には合格できたのですか?

はい、無事に合格することができました。

なので、国立大学院の足切りである「TOEIC700点」を獲得する必要は無くなったんです。

ですが合格してもなお英語を学ぶ必要性を感じていたので、そのままサウスピーク留学を決めました。

ー英語を学ぶ必要性とはどのようなものでしょうか?

インタビューアーは、サウスピーク新宿校講師のTatsuya(左)

将来、進路を変更したいと思ったときに、柔軟に対応できるようにしておきたいと思ったんです。

例えば弁護士や検事になるためには司法試験に合格しなければなりませんが、絶対に合格するとという保証はありません。

なので一般企業への就職活動に備え、英語もできるようになっておいたほうが良いと思ったんです。

一般企業での就職活動では、多くの友人たちが「TOEICの点数による足切り」に苦しんでいたので、できるだけ高い点数が欲しいと思っていました。

ーそうだったんですね。どうしてサウスピークを選ばれたのですか?

3か月で平均200点上がるという広告をみて、短期間で成果が出ると思ったからです。

もし大学院を浪人することになっていたら、英語以外の勉強に時間を割かなければならないので、短期集中で英語力を伸ばしたかったんです。

大学4年間でのTOEICの伸びは、たったの10点。独学はやめて「サウスピーク新宿校への通学」をすることに

ー留学前に、サウスピーク新宿校への通学を決めたのはどうしてですか?

「独学での学習の仕方」がわからなかったからです。

私は大学在学中から、TOEICの点数は気にしていました。

なので大学が実施しているTOEICセミナーに参加したり、自分自身で公式問題集を使って勉強したりと、TOEIC対策を行っていました。

しかしTOEICの試験を実際解いてみると、全くと言っていいほど歯が立たなかったんです

特にリーディングパートは、文章の内容が全然頭に入って来ず「ああ、やばい。どうしようもない」という状況でした。

結局、何をやっても英語力の伸びを感じることが出来ず、大学4年間でTOEICの点数は10点しか上がりませんでした。

そこで「今回はせっかく留学に行くのだから、しっかり成果を出したい。でもその前に学習方法をしっかり身に着けてから留学に行きたい!」と考えるようになったんです。

ーそうだったんですね。

また、私は極限まで追い込まれないと、学習に取り掛かることができない性格です。

サウスピーク新宿校に通えば「勉強しなければいけない環境」に身を置けるので、学習を継続できると思いました。

音読学習を続けた結果、リスニングの伸びを実感

音読学習に励むYukiさん

ーご自身で英語学習をされた際は「独学での学習の仕方が分からなかった」と仰っていましたよね。新宿校に通って英語学習方法は身につきましたか?

はい。特に音読学習の方法を身につけられたことが、留学にとても役立ちました。

ー今まで音読学習に取り組まれたことはなかったんですか?

音読に取り組んだのは、小学校の国語の授業以来でした(笑)

ー音読の効果をどのように実感されたのですか?

最初はなかなか音読の効果を感じることができず、もどかしい思いをしていました。

しかし、留学開始1ヵ月を過ぎたくらいからリスニングの音声が「単語単位」ではなく、「文章単位」で理解できるようになってきたんです。

ー「単語単位」ではなく「文章単位」ですか?

はい、TOEICのPart2の応答問題でその成長を強く感じました。

Part2の応答問題では、質問とその質問の答えとなる選択肢が3つ放送されるじゃないですか。

例えば “Where did you put the kitchen equipment catalogs?(あなたはどこにキッチン用品のカタログを置いたの?)”という質問があったとします。

こういう質問を聞いた時、留学前の英語力では “where” や “kitchen”といった要所要所の単語しか聞き取れなかったんですよね。

ー確かに、私も初心者のころ同じ思いをしました。

しかし、今では単語単位ではなく「文章単位」で聞き取りができるようになりました。

つまり、 文章から単語を拾って意味を推測するのではなく「文章丸ごと」の意味を理解できるようになったんです。

ー音読は聞き取り能力の向上につながったんですね。

その通りです。

またリスニングの向上は、TOEICだけでなく実生活の場でも感じることができました。

実は先日体調を崩し病院に行く機会があったのですが、看護師さんたちの話す英語を理解することができたんです。

これまでの英語学習が実生活の場で役立った瞬間だったので、とてもうれしく思ったことをよく覚えています。

「LINEサポート」でサウスピーク新宿校通学中は、1日も欠かさず学習を継続

ーYukiさんは「極限まで追い込まれないと勉強できない性格」だと仰っていましたが、サウスピーク新宿校受講中は学習を継続できましたか?

おかげ様で、学習を継続することができました。

ー学習を継続できた要因はなんでしょうか?

LINEサポート」が勉強を継続するうえでとてもに役に立ちました。

※LINEサポートとは?

SNSアプリ「LINE」を使用し、生徒が毎日学習を継続できるようにサポートするサービス。

「英作文の提出、添削」、「音読データの提出、添削」、「学習時間集計」を行う。

(参考:【サウスピーク新宿校の特徴3】働きながらでも学習を続けるためのサポート

LINEサポートでは毎日宿題を提出しなければならないので、追い込まれなければ学習にとりかかれない私にとってぴったりでした。

またサウスピーク新宿校通学中は、週に1回配信される「週間学習時間ランキング」で、他の生徒の学習時間を確認することができます。

他の生徒の頑張りを見るたびに「自分もやらなきゃヤバイ」と思うことができました。

週に1回、LINEサポート受講者には「週間学習時間ランキング」がメールで配信される。画像は、Yukiさんが1位になった時のもの。

ーYukiさんは、学習時間ランキング1位になったこともあるんですよね。素晴らしいです!

学習を続けられた理由に、新宿校の講師の方を呆れさせたくないというプレッシャーもありました(笑)

新宿校の講師

私が受講した「高校英文法プラン」では、授業の最初に予習できているかを確認する時間がありました。

※予習確認

高校英文法プランでは、生徒様の予習具合をチェックするために、各レッスンごと「単語チェック・暗唱テスト・品詞分解確認」を行います。

(参考:【サウスピーク新宿校の特徴3】働きながらでも学習を続けるためのサポート

勉強がおろそかな状態でレッスンに出席してしまうと、その時に講師の方が「はあ~勉強やってないんですねえ」というオーラを出されているように感じたんです(笑)

「気を引き締めて勉強をやらないと!」という思いになり、学習を継続できました。

1人で学習を継続できない人に「新宿校への通学」をオススメしたい

ー最後にどんな人にサウスピーク新宿校は向いていると思いますか?

私のように1人で学習を継続することができない人にオススメです。

私は基本的に、人の目がないと勉強を継続することができません。

サウスピーク新宿校ではLINEで毎日「学習時間の報告」と「宿題の提出」があるので、常に人の目があり、学習を管理されている状態になります。

そのおかげで、今まで学習を継続できなかった私でも毎日学習時間をしっかりとることができましたし、成果を上げることもできたんだと思います。

「英語を頑張りたいんだけど、どうしても長続きしない!」と考えている方は、無理に自分1人で頑張ろうとせず、サウスピーク新宿校の受講を考えてみてはいかがでしょうか?

ーYukiさん、ありがとうございました!

Yukiさんが受講した「高校英文法プラン」についての詳細はこちらです↓↓ 中学・高校 英文法プラン