「毎日英語の勉強をしている自分がすごいと思いました」レッスンと毎日のLINEサポートが勉強の継続に効く!Miyoko様のサウスピーク体験談


↑Miyoko様(中央)と、担当講師(左右)

Miyoko様 薬剤師

受講開始時:TOEIC LR:565点 高校英語からスタート
受講の目的:外国人との接客業務
受講期間中の学習時間:3か月で264時間

通信教育でも超えられなかったTOEIC600点を超え、外国人顧客の対応ができるようになりたかった

-3か月間の受講、お疲れ様でした。まずは受講の目的からお伺いしたいと思います。

サウスピーク新宿校を今回受講した目的は2つあります。1つ目は、今の仕事で外国人のお客様が来店されることがあり、その対応ができるようになりたいというものです。

2つ目は、社会人になって以来何度TOEIC試験を受験しても、どうしても600点を超えられないので、この機会に超えたいというものです。いままで2社くらい通信教育を受けてみたことがあるのですが、途中で投げ出してしまいまして。

ー通信教育で、なにがあったんでしょうか。

3か月コースみたいなものがあって、TOEIC600点超えられそうで結構一生懸命やっていたんですが、3分の2くらいまで進めたところでTOEIC試験を受験したら565点だったんです。それで止めよう、と投げ出してしまいました。

ー3分の2で終えられてしまったのは、続けるのが大変だったということでしょうか。

大変でしたね。やり始めは結構できるんですが、日に日にやる時間、分量が少なくなっていきました。

ーちなみに、サウスピーク新宿校はどこでご存知になったんですか。

サウスピークの柴田さんのことを以前より知っていまして、フィリピン留学する気まではなかったのですが、同じカリキュラムで日本でもできるということを知って申し込みました。

毎週のテストとLINEでの宿題提出、勉強時間報告が集中力を引き出す

ーそんなMiyoko様もサウスピークで3か月間学んでいただきました。この3か月で、合計264時間27分という総学習時間が出ています。
今までの通信教育とはなにか違いはありましたか。

ここまでやってくださいね、という学習範囲があらかじめ決められているので、1週間でこれだけ終わればよい、1日でこれだけやればよい、という風に考えられるのが違いですね。小さな目標が見えるので、それを目指して続けられました。

以前利用した通信教育だと、3か月分これをやってください、以上。という感じだったので。

それにサウスピークだと毎日宿題を提出する義務もあるので、必ず毎日なにかをやらなくちゃいけないというのが、私にはすごく大きかったです。みなさんこの体験談でもおっしゃっていることかとは思いますが。

ーお役に立ててよかったです。この3か月は毎日コツコツ、2,3時間勉強を続けられたんですか。

仕事をしていると毎日3時間は、むずかしいこともありました。1日に2時間、1時間しか確保できなかったこともありました。

しかし、私は休みの日にレッスンを当てていたので、当日はレッスン前に時間が潤沢に確保できたんですね。そのレッスン前、テスト前の時間を利用して、平日にできなかった分を集中してやっていました。

ーレッスンとテストもあるし、それまでに集中してやろう!と。

テスト前の数時間は我ながらすごい集中力でした。

ー平日は皆さんお仕事で時間がとれないこともおありでしょうから、テストを締め切りと捉えて集中して勉強するのは、良い方法ですね。

高校英文法における知識の穴を塞ぐのではなく、体系的に学び通した3ヶ月

ーレッスンのご感想もお伺いしたいです。今回は高校英文法から学び直されたと思いますが、今まで独学で英文法を学ばれたことはありましたか?

独学は、はじめてです。例えば、仮定法っていう名前は高校で習ったはずなので名前は知っているんですが、すっかり抜けてしまっているということを強く実感しました。

ー抜けている知識を補っていただいたんですね。

英語やろうと思うときに、まずは参考書を買うことが多いと思います。それで色々なものに同時に手を出してしまって…。大体全部やらないので、途中で終わってしまうんですよね。それで、最後の3分の1に書いてある内容が完全に抜けてしまっている、という。

サウスピーク受講中に、1冊を最後までしっかりやりきれたことで、文法書の後ろのほうに書いてある範囲の内容まで学べました。

ーそこが意外と難しいというか、高校英文法の肝の部分だったりしますからね。Miyoko様の4技能レッスンを担当していた講師からのコメントをご紹介します。


↑日本人講師が担当。文法解説等を日本語にて行います。

「やはり今回高校英文法から学び直していただいているので、英語の基礎部分がしっかりしてきて、ひとつひとつの内容を理解しながら宿題の英作文、英会話ができています」

たしかに、音読をしている際もただ棒読みをするのではなくて、英文の構造に単語を当てはめて理解しながら音読しようと意識していました。基礎ができたので、英文を作るときも要素となる英単語や表現を当てはめていくことができたな、と。

ーベースとなる基礎が学べたということですね。

多分、サウスピークを通じて体系的に学ぶことができたから、英語という言語の全体像を把握できたのではないかと思います。高校以来10年も20年も英語を全く勉強してこなかったのですが、穴があるところを塞いでいくのではなく、体系的に学べましたから。

発音矯正で、ひとつひとつの英語がはっきりと聞こえるように。外国人対応の自信にも繋がった。

ー発音矯正レッスンも受講いただきましたが、ご感想伺えますでしょうか。担当フィリピン人講師からのコメントをまずお伝えします。

「LとR、theとZといった音の違いにおいて、以前は舌や口元がついていかず、適切に発音できていなかった。しかし、日が経つにつれて習熟し、それに伴いリスニング能力にも向上が見られる」

↑Miyoko様が講師に指導された「ji」「i」の発音。

私自身も、同じように感じます。英語の発音がひとつひとつはっきりと聞こえるようになりました。受講開始してまもないころに取り組んだ参考書のリスニング音源を今聴くと、「あ、これ習ったな」と以前より聴こえるんです。

ー例えば、「year」と「ear」の区別は日本人には難しいのですが、フィリピン人講師からも「よくできるようになっている」とフィードバックがありました。

いままではそれすらも違う音であるという認識がなかったです。yearのyの音はレッスン後でもあまり聞き取りの自信はなかったんです。

後日違う英文をリスニングしてみてこれはyの音ではないか?と思うことがあって発音記号を調べてみたら全部yの音でした。それからリスニングが楽しくなりましたね。

英語を発音するときって、唇・舌・喉と全部動員しますよね。それを自己チェックするなんて不可能なんですよね。だからサウスピークでフィリピン人講師に客観的に、ここが悪いと指摘してもらえたのはすごく価値があることだと思います。

ーそもそもサウスピーク受講は、お仕事で外国人客に対する対応ができるようになりたい、という目的から始まりました。現時点で、なにかそれにつながることはありましたか?

以前仕事で、外国人顧客の対応をすることがありました。こういう商品が欲しいとお問い合わせを受け、販売の対応をしました。

そのとき、いままでより詳細に英語を聞き取れたので、よりスムーズに対応できたんです。特に、以前は苦手だった「R」の発音がはっきり聞き取れました。

多分、そもそも発音矯正で得た少しの自信が、現場の仕事での自信につながったというのはあります。

ーすごいですね。


↑発音矯正レッスン風景。このレッスンが、実際に英語を使う場面でも自信に繋がったとのこと。

うまく、はっきりと「R」の音が聞こえたんですよね。「L」じゃなくて、これは「R」だと。

話したときも、たとえ長い文章で完璧に話せなくても、伝わる発音でお客様に伝えられたという自負はあります。

英語の勉強を何度も投げ出したことがある人には、サウスピークで「やらなきゃ」を感じ続けられる

ー最後に、サウスピークをもし誰かに勧めるとしたら、どんな方に勧めたいですか?

私もそうなのですが、英語の勉強をやろうと思って何度も投げ出したことがある人はたくさんいると思います。そういう人に、講師がついたり、宿題が毎日あったり、毎週テストが待ち構えていたりすると、必ず「やらなきゃ」と感じるはずです。

一定の期間、英語の勉強を続けたいという人におすすめしたいです。

ーMiyoko様としても、そうお感じになられたんですね。全体的に、総じていかがでしたか?

毎日自分が英語の勉強をしていること自体が、すごいと思いました。やっぱり仕事終えたら家でやろうとしてもできないので、会社近くにあるカフェにそのまま行ってやったり。少なくとも1時間はそこで勉強していました

ー本当におつかれさまでした。まだ英語力向上への道は続きますが、引き続きその調子で勉強を続けてくださいね。ありがとうございました!

無料説明会・体験レッスンを新宿で毎日実施中!

「英語の勉強やらねば」は気が重いが、強制力になる。ワーホリ前に中学・高校英文法のやり直し

↑中野様(左)と、Annaトレーナー(右)。

中野春奈様 看護師
中学英語からスタート
受講の目的:ワーキングホリデーの準備
受講期間中の学習時間:3か月で219時間

ニュージーランドのワーホリ前にサウスピーク新宿校で中高英語やり直し!

ー3か月間の受講、お疲れ様でした。まずはサウスピーク新宿校を受講された経緯から教えていただけますか?

私は来年の秋ごろにニュージーランドのワーキングホリデーに行きたいんですが、本当に英語が苦手だったので、少しはやらないといけないなと思ったことがきっかけです。

ー具体的には、現地でどんな状況において英語を使われることを想定しているのでしょうか。

現地の日常生活で使うことを想定していました。簡単な挨拶・自己紹介からはじまり、なにがしたいとか、なにに困っているだとか、そのレベルのやりとりが少しでもできるようになればいいなと思いまして。

以前は街中で外国人観光客に道を聞かれても、「ええ~どうしよう…」という感じでした。本当に単語でしか話せませんでしたし。少しでも自分の力で英文を構成できるようになりたかったですね。

ー受講期間が終了しましたが、以前と比べると今はいかがでしょうか?

↑フィリピン人トレーナーとのマンツーマンレッスンも、慣れにつながったとのこと。

外国人に話しかけられても、今は「なんて言えば伝わるんだろうか」と考えられるようになりました。英語に対するアレルギーもなくなってきましたね。

不規則な生活の中で一日2時間継続できたのは、「やらねばならない」という強制力のおかげ

ーそうしてサウスピークを受講していただきましたが、全体のご感想としてはいかがでしたか?

大変でした。(笑)今の仕事の時間帯が不規則だというのがそもそもあって、その状況で勉強の習慣を身に着けるというのが大変でした。

ーシフト制のお仕事で時間捻出が大変だったとのことですが、それでもこの3か月は1日平均2時間は確保されていますね。

多い日で4,5時間勉強されていました。どのように毎日ここまでコンスタントに継続されたのでしょうか。

↑中野様が利用していた学習計画表。サウスピークでは学習のスケジュール作成支援から行なっています。

受講を決めた時点で「英語がわかるようになりたい!」と考えていたので、自分に良いプレッシャーをかけていたというのはあります。自宅でも英語漬けになろうと、日本語のテレビ番組を見るのをやめたり。

あとは、サウスピークのレッスンが楽しかったということや、毎日宿題を出さなきゃいけない、否が応でも勉強しなきゃいけないという強制力もありましたね。

※サウスピークではLINEサポートを通じて、毎日宿題を提出いただきます。宿題が日々の勉強におけるペースメーカーとなります。

ー毎日LINEで音読の成果を録音して、送付してもらう宿題ですね。

「やらねばならない」というのってちょっとプレッシャーで、重い気持ちになったこともあったんですが、これがあるからこそ続けられたのはあります。

お尻を叩かれるじゃないですけど、自分で「やらなきゃ」と思っているときは勝手にやるじゃないですか。だけど「これ意味あるのかな」と思っているときにも宿題があると、気持ちを引き上げてくれるんですよね。

ー複雑な気持ちですね。

結果的にはプラスですね。重い気持ちにはなりますが(笑)

ーLINEで音読添削を受ける宿題が、日々の勉強の強制力になっていたという話でしたが、内容自体はいかがでしたか。

毎日自分が音読した声を送り、毎回ご指摘いただくんですが、注意される箇所は大抵同じになってくるんですよね。「これが私は苦手なんだな」っていうのは目に見えてわかるようになりました。

発音矯正レッスンのときは、「いつも○○を指摘されるので、今日は○○をやりたい」と私から話して、弱点を中心に矯正していただきました。

記憶の彼方だった中学・高校英文法を日本人トレーナーのマンツーマンレッスンを通じてやり直し

ー中野様のカリキュラムでは、日本人トレーナーのマンツーマンレッスンをご受講いただきました。こちらはいかがでしたか?

中学英語から学びなおしてみて、こんなわかんないんだと思いました(笑)中学生の時点で英語はもうその場しのぎでやってきたので、ふたを開けてみたら、中高の英語はすっとんでました。

ー記憶のかなた、ですね。

最初はもうやっていけるのだろうかと不安になっていましたが、当時に比べて、英語で内容を詳細に説明したり、ひとつのことに関してより詳しく話すことができるようになりました。

ー英文法が身について、ゼロから文章を構成する力がついたんですね。担当講師に聞いてみたところ、こんなコメントがありました。

「受講初期のころは、前置詞や冠詞(aやthe)をつい抜かしてしまうことがありました。今では前置詞、冠詞の持つイメージを意識して、瞬間的に英語を話すときにも使いこなせるようになってきています。」

そうですね、当時はわけがわからない状態で、単語だけでなんとなく言いたいことが伝わるんだろうなと思っていたんです。しかし、今は英文法の勉強をして、「あ、今話しているこれはちょっと伝わらないかも」と自分で気づけるようになりました。

特にaやtheの冠詞は、授業中に間違えたときにわかるまで説明していただいて、理解できるようになってきました。

ー話を伺っているとLINEサポートを存分に活用いただいているようですね!

英語の発音を学ぶことで、相手に伝わりやすくなる。意識改革になった発音矯正レッスン

ーフィリピン人トレーナーとのマンツーマンレッスンは、発音矯正レッスンを受けていただきましたね。こちらも、ご感想伺えますでしょうか?

受講して良かったです。英語の発音を学ぶことで、相手に伝わりやすくなるんだなと実感でき、これからは学んだとおりに気を付けようという意識が生まれました。

授業自体も、繰り返しできない発音を教えていただけましたし、理解できるように身振り手振り、口の形や舌の位置を絵にして書いてくれたり。理解に関しては全然困りませんでした。

ーおお、そうですか。

英語字幕で映画を見ていても、「あ、今の発音は私がよく間違えるところだな」とか考えながら見られるようになりましたね。

ー意識改革になったんですね。ありがとうございました。ワーキングホリデーに行くまでにまでまだ時間がありますが、サウスピークでの成功体験を糧に、引き続き頑張ってくださいね!

無料説明会・体験レッスンを新宿で毎日実施中!

水汲み、薪割り、牛運び!?新郎の愛とタフさが試されるフィリピン結婚式事情

誰かに恋をして、時間を共に過ごして、いつかは正式に家族になる。
独身人生を満喫する人たちがいる一方で、「結婚」という言葉に憧れを持つ人もまだまだ多いのではないでしょうか。

今回は、フィリピンの「結婚式」にまつわる話をAnnaとSharmaineに聞いてみました。

ーーということで、今日のテーマは「結婚式」です。よろしく!

Sharmaine:ワオ、すてきなテーマね。
Anna:よろしくね

フィリピンの伝統的な結婚式準備期間

ーー結婚するとなったら、まずプロポーズして、お互いの両親に挨拶をして、入籍して…という流れが日本では一般的だけど、フィリピンではどうなの?

Anna:フィリピンでも似たようなことをするよ。まあ、最近の人たちは色々省略したりもするけど。Sharmaineの家は伝統を大切にしているから、面白いと思う。
Sharmaine:そうね、まずはサユッド、それからバニマライを経て、結婚式の予定を立てるのが伝統的な流れかしら。

1ヶ月間の試練、試される新郎

ーーサユッドとかバニマライって?

Sharmaine:サユッド(sayud)というのは、結婚に同意してもらうために新郎の家族全員が新婦の家に訪れることを言うの。家族といったら両親だけではなくて、兄弟だとかいとこだとか、とにかく全員で行くのよ。

ーーそんなに大勢で行くの?笑 行って何をするの?

Sharmaine:びっくりした?笑 新郎新婦を祝福しつつ、みんなでご飯を食べるんだよ。そしてこのサユッドを終えてから1ヶ月間、新郎は毎日新婦やその家族のために水を汲んだり、木を切ったり(薪割りをしたり)、牛を運んだり、農場を手伝ったりして、自分が婿にふさわしく価値のある人間だということを証明するの。

ーーそれは相当大変だね・・・でも愛の証明にはなるかも。

Sharmaine:そして1ヶ月が過ぎたら、バニマライ(banimalay)。これはレチョン(豚の丸焼き)やフルーツなんかを持って、新郎とその両親だけで新婦の家を再度訪問することよ。そこで式の段取りを決めたりするのに色々話し合いをするの。

ーーあ、また新婦のお宅訪問があるんだね。…あれ?新郎新婦はこの時点で一緒に暮らしているわけではないの?

Sharmaine:ううん、まだだよ。それに、バニマライの後でもまだカップルは一緒に住めないの。一緒に住むのは結婚式を終えてからになるね。だからバニマライ前の1ヶ月のお手伝い期間も、花嫁の家に泊まれなくて片道4時間かけて通う人とかもいたよ。

ーー(ハッピーな話のはずなのに、なんだか新郎が気の毒になってきた)

日本の結婚式、フィリピンの結婚式

ーー日本だったら、結婚前のお試し期間みたいな感じで同棲するカップルも多いけど、全然違うんだね。

Anna:そうね。他にも、結婚式前夜は新郎は新婦に会っちゃいけないとか、新婦はウェディングドレスを試着しちゃいけないとか、結婚式までは遠い場所に旅行に行っちゃいけないとか、色々あるよ。どれも離婚やトラブルへ導くような縁起が悪いものとされているの。

ーーうーん、ウェディングドレスのサイズが合いませんでした~、なんてことが当日起きたら大変そう・・・。結婚式自体はどんな感じなの?

Anna:死ぬほど長い誓いの言葉を述べる以外は、日本のウェスタンスタイルの結婚式と似たような感じだよ。教会で誓いのキスをするの。

Sharmaine:その後に日本でいう披露宴みたいなものを2回やるのよ。1回目は親族だけを招いてホテルで、2回目は友人や会社の人たちを家に呼んで。ここで招待された側が余興をしたりもするけど、新郎新婦が参列者をもてなすためにモダンダンスをするのがお決まりね。

ーーそれ聞いたことある!新郎新婦のダンスの最中、周りにいる人がお金を洋服につけていくんだよね。

Sharmaine:そうそう。新郎の友人が新婦の衣装に、新婦の友人が新郎の衣装に、二人の幸せを願ってそれぞれお金をピンで留めていくの。

ーー日本でいうご祝儀みたいな感じかな?ちなみに、いくらくらいを渡すのが普通なの?

Anna:人によるね。笑 安いお札の人もいれば、高いお札を何枚もつける人もいる。あ、ほとんどの場合コインではあげないよ。その土地の風習にもよるけど、最低でもお札じゃないとダメかな。
Sharmaine:ちなみに、伝統的には結婚式費用は新郎側が払うんだよ。

ーー新郎の負担大きすぎない!!?笑

Anna&Sharmaine:笑

そして時代は移り変わる

Anna:「結婚式は花嫁のため」みたいな考えが少しあるのかもね。それに、ここまでの話はあくまで伝統的なスタイルだから。最近の若い世代だったら、日本みたいにプロポーズと入籍だけで済ませたり、結婚式費用は折半をしたりと、古いしきたりみたいなものは段々薄れつつあるかな。

ーー日本もそうだけど、フィリピンでも時代が移り変わってきているんだね。いやはや、誰かと家族になるっていうのはたゆまぬ努力と深い愛が必要なんだなって改めて思い知らされたよ。さて、今日のインタビューはここまで。Anna、Sharmaine、ご協力どうもありがとう。

Anna & Sharmaine:どういたしまして~

 

まとめ

・伝統的な風習にのっとると、花婿の愛とタフさが試される
・結婚式の主人公は花嫁
・最近は伝統に縛られない結婚式や準備が浸透しつつある